家

手軽にできる防犯対策|警備会社を利用する魅力を知っておこう

地域ぐるみの防犯対策

警備員

地域の安全性を高める

ホームセキュリティサービスの委託料は昔ほど高いものではありません。警備会社に依頼するのはよほどの金持ちと思われるかもしれませんが、月々1万円程度の料金で住宅の防犯対策を担ってくれます。そのため、最近では多くの家で警備会社による防犯対策が行われるようになりました。住宅団地が新たに作られるような場合には、新しい街ごと警備会社によるホームセキュリティサービスに入るということもあります。警備会社にとっても、1戸1戸の防犯対策を行うよりも、50戸、100戸の住宅をまとめて警備するほうが効率的です。特に警備員が駆け付ける場合でも待機所を住宅団地の近くに設置できるので、住宅団地にとっても警備会社にとってもメリットがあります。警備会社による防犯対策では、初期投資がかかります。自分で防犯対策を行う場合でも、当然、防犯設備の購入費用がかかりますので、初期投資は仕方ありません。30万円程度からと言われていますが、できるだけ防犯対策を強化したいのであれば、その分だけ費用がかかります。この初期投資費用も、できるだけ多くの住宅が加入すればするほど安く抑えることができますので、住宅団地でまとめて防犯対策を行う場合にはメリットがあります。最近の住宅団地では防犯意識が高いですので、それぞれの住宅で防犯対策を依頼する一方で、地域の中でも防犯対策をとっていけば、安全安心な地域を実現することができます。警備会社と地域との連携は安全性を高めることができます。

防犯対策に活用できる

鍵

防犯対策を行う場合には、身近な対策から警備会社を活用した本格的な対策まである。近年では、テロなど社会的不安なども背景に警備会社活用が増えている。また、個人向けサービスの充実なども警備会社が活用される理由になっている。

手続きは簡単

防犯カメラ

防犯対策のために警備会社と契約をすることは、個人でも法人でも増えてきています。手続きそのものは簡単です。契約前に評判や実績、内容などを調べて決めましょう。特に法人契約の場合は、細かな指定が必要になることもあります。

人が行う警備

ガードマン

警備会社に依頼する事は、犯罪や事故の抑止に繋がり、現場の安全維持に貢献してくれます。機械警備と人による警備があり、人による警備なら不審者や不審物などの早期発見が可能です。万が一被害が出た時でも、現場の安全確保の為に適切な状況判断をしてくれます。